カブース・ビン・サイード・アール・サイード国王陛下の崩御に関する安倍内閣総理大臣の談話

令和2年1月11日

1 カブース・ビン・サイード・アール・サイード・オマーン国王陛下の崩御の報に接し、深い悲しみを禁じえません。ここに、日本国政府及び日本国民を代表して、オマーン国政府及び同国国民の皆様に、謹んで哀悼の意を表します。

2 故カブース国王陛下は、1970年の国王就任以降、伝統の保持と近代化を調和した国づくりを主導し、オマーンの力強い発展を導かれました。カブース国王陛下は中東地域の平和と安定のために多大な貢献を行われ、世界各国から深い尊敬を集められた指導者でした。

3 カブース国王陛下はかねてより我が国に親愛の念を抱いておられ、1994年には、オマーンを訪問した当時の皇太子・同妃両殿下を温かくお迎え下さり、我が国との友好関係を深められました。その後も、カブース国王陛下は、幅広い分野における日本とオマーンとの友好協力関係の発展に貢献されました。2014年に私がオマーンを訪問した際のカブース国王陛下による温かいおもてなしは今でも忘れられません。

4 叡智と洞察を備えた指導者であられたカブース国王陛下の崩御は、オマーン国民のみならず国際社会にとっての大きな損失であります。オマーン国民の皆様が、この深い悲しみを乗り越えるにあたり、日本は常にオマーンと共にあります。

関連リンク