観光戦略実行推進会議

令和2年11月16日
発言する菅総理1 発言する菅総理1
発言する菅総理1
発言する菅総理2 発言する菅総理2
発言する菅総理2
発言する菅総理3 発言する菅総理3
発言する菅総理3
発言する菅総理4 発言する菅総理4
発言する菅総理4
発言する菅総理5 発言する菅総理5
発言する菅総理5

 令和2年11月16日、菅総理は、総理大臣官邸で第40回観光戦略実行推進会議に出席しました。

 会議では、我が国の観光の回復に向けた取組及び有識者からのヒアリングについて議論が行われました。

 総理は、本日の議論を踏まえ、次のように述べました。

「新型コロナウイルスの感染拡大が続いておりますが、感染対策をしっかり講じることを大前提に、旅行や飲食を含めた社会経済活動と両立させて、経済を回復させていく、このことが現在の基本的な考え方であります。
 7月からGoToトラベルによって旅行を支援し、延べ4,000万人以上の方々に御利用いただき、感染が判明した方は148名であります。観光関連には、全国で約900万人の方々が従事されており、それぞれの地域を守り、我が国が観光立国として生きていくために、感染対策と両立させながら、何とか現状を乗り越える必要があります。このあと、新型コロナウイルスについても対策本部を開催し議論いたしますが、GoToキャンペーンは、事業者と利用者がそれぞれ、感染対策に気を付けて、うまく活用いただけるように運用していきたい、このように思います。
 本日は、新型コロナウイルスの中でも、地元の漁業体験などのアクティビティー、宿の食事や外食の質の向上、ホテル・旅館の再生に頑張っておられる方々のお話を伺いました。
 今後、内外の観光客に楽しんでもらえるコンテンツづくりは、観光を復活させていく上で極めて重要であります。また、ホテル・旅館についても、今後の変化を見据えた施設内改修、複数のホテル・旅館との提携、更に街全体の外観改善や案内板整備などを含めて、今のうち、できることをしっかり支援していく必要があると思います。
 観光庁においては、関係省庁と連携し、これらの内容を含めて、ポストコロナを見据えて、当面、我が国の観光を復活させていくための政策プランを、次回の会合において、取りまとめていただくようにお願いいたします。」

関連動画

動画が再生できない方はこちら(政府インターネットTV)

関連リンク

総理の一日