火山噴火では、どのような災害がおきるのか

 

火山噴火ではどのような被害が起こるのか

 現在、我が国には111の活火山があり、世界でも有数の火山国で、桜島等の複数の火山で噴火が発生しています。

 災害の要因となる主な火山現象には、大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流、溶岩流、小さな噴石・火山灰、火山ガス等があります。
 特に、大きな噴石、火砕流、融雪型火山泥流は、噴火に伴って発生し、避難までの時間的猶予がほとんどなく、生命に対する危険性が高いため、防災対策上重要度の高い火山現象として位置付けられており、噴火警報や避難計画を活用した事前の避難が必要です。

 

御嶽山の噴火

(写真提供:国土交通省)

 平成26年9月の御嶽山の噴火では、水蒸気爆発が突如発生し、火口周辺にいた登山者が多く被災しました。御嶽山噴火の教訓を踏まえた活動火山対策特別措置法の改正では、火山の噴火等が起こった際に円滑、迅速に避難できるように、火山情報の収集や連絡手段の確保などの登山者の努力義務が法律で定められました。

 

登山をお考えの皆さまはご覧ください。

 

火山災害の時はどのように行動したらいいか?

火山災害時は事前の迅速な避難が、人的被害の有無を大きく左右します。

  1. 火山防災マップを見て、噴火警戒レベルに対応する危険な場所を確認しておきましょう
  2. あらかじめ、避難場所や避難経路を確認しておきましょう
  3. 気象庁が発表する噴火警報・噴火警戒レベル等に留意しましょう
  4. 噴火の恐れがある場合には、「警戒が必要な範囲」から事前の避難が必要です。地元の市町村の指示があった場合には、それに従いましょう

【噴火警戒レベル】

 噴火警戒レベルは、火山活動の状況に応じて「警戒が必要な範囲」と防災機関や住民等の「とるべき防災対応」を5段階に区分して発表する指標です。

 

注1: 避難・避難準備や入山規制の対象地域は、火山ごとに火山防災協議会での共同検討を通じて地域防災計画等に定められています。ただし、火山活動の状況によっては、具体的な対象地域はあらかじめ定められた地域とは異なることがあります。
注2: 表で記載している「火口」は、噴火が想定されている火口あるいは火口が出現しうる領域(想定火口域)を意味します。あらかじめ噴火場所(地域)を特定できない伊豆東部火山群等では「地震活動域」を想定火口域として対応します。


【噴火速報】

 噴火速報は、噴火の発生事実を迅速に発表する情報です。
 登山中の方や周辺にお住まいの方に、火山が噴火したことを端的にいち早く伝え、身を守る行動を取っていただくために発表します。
 発表される情報の例は図のとおりです。

【留意点】
 噴火速報は気象庁が常時観測している各火山を対象に発表しますが、以下のような場合には発表されませんのでご留意ください。
・普段から噴火している火山において、普段と同じ規模の噴火が発生した場合
・噴火が発生した事実を確認できない場合

 

【火山灰から身を守るための対策】

1.火山灰から身を守る
  • 火山灰を吸い込まない
     防塵マスクを着用するなど、火山灰を吸い込まないようにしましょう。

     火山灰はとても小さいので、空気と一緒に肺の奥まで入っていきます。そのため、せきが増えたり、息苦しくなったりします。鼻水やたんや気管支炎の人は、発作のようなせきや、胸のしめつけ感、ぜーぜーとした呼吸で苦しくなることがありますので、注意しましょう。心臓に重い病気がある人も注意しましょう。

  • コンタクトレンズをはずす
     火山灰が目に入ったら、手でこすらずに、水で流しましょう。

     コンタクトレンズをはずしてメガネを使いましょう。火山灰が目に入ると、ごろごろとした感じがしたり、目のかゆみ、痛み、充血が起こったりします。ねばねばした目やにや、なみだが出ることもあります。火山灰で目の表面に傷ができると、結膜炎になって、ヒリヒリしたり、まぶしく感じたりすることがあるので、気を付けましょう。
  • 皮膚を守る
     火山灰に触れると、皮膚が炎症をおこすことがあります。痛くなったり、はれたり、ひっかき傷からばい菌がはいったりすることがあるので、注意しましょう。
  • 運転はなるべく控える
     火山灰が降ると見通しが悪くなって、横断歩道などの表示が見えにくくなります。道路に火山灰が積もると滑りやすくなって、自転車や自動車のブレーキがききにくくなります。たくさん積もると運転できなくなります。
2.安全に降灰の除去作業を行うために
  • 防塵マスクとゴーグルかメガネを着用
     除去作業を行うときは、しっかりとした防塵マスクを常に着用しましょう。また、目への刺激を防ぐため、コンタクトレンズを使わずにゴーグルまたはメガネを着用しましょう。
  • 屋根は人が乗っても大丈夫か確認
     やむを得ず屋根の火山灰を除去するときには、人が乗っても大丈夫火どうか確かめてから始めましょう。
  • 火山灰は滑りやすいので注意
     はしごや屋根の上は、表面が火山灰でとても滑りやすくなっているので、注意しましょう。
     はしごはしっかりと固定しましょう。命綱とヘルメットを着用しましょう。
     作業は家族、となり近所にも声をかけて2人以上で行いましょう。
  • 下水に流さない
     火山灰は雨どいや下水に詰まりやすいので、流さないようにしましょう。

火山灰は、噴火の勢いで、溶岩が粉々に砕けたものです。小さな石粒の集まりなので一つ一つはとても固く、しかも、とげとげしています。そのため、目や肺に傷をつけることがあります。

 

詳しくはこちらの資料及び動画をご覧ください。

 

 

 火山災害に対する政府の取り組みや対応

※このセクションでは、すでに政府が公式に発表している対応策だけでなく、災害対策のために行われている会議なども取り上げます。

 我が国には111の活火山があり、気象庁及び札幌・仙台・福岡の各管区気象台に設置された「火山監視・警報センター」において、これらの活火山の火山活動を監視しています。

 また、「火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山」として火山噴火予知連絡会によって50火山が選定されています。
 これら50火山の選定を受けて、気象庁では、噴火の前兆を捉えて噴火警報等を適確に発表するために、地震計、傾斜計、空振計、GNSS観測装置、監視カメラ等の観測施設を整備し、関係機関(大学等研究機関や自治体・防災機関等)からのデータ提供も受け、火山活動を24時間体制で常時観測・監視しています(常時観測火山)。

【常時観測火山】

 火山監視・警報センターにおいて火山活動を24時間体制で監視している火山

 

詳しくはこちらをご覧ください。

目次