避難はいつ、どこに?

 

避難情報はどのように伝えられるのか?

 市町村から避難情報が発令された場合には、テレビやラジオ、インターネットなどのほか、防災行政無線や広報車などで伝達されます。

 例えば、警戒レベル4が発令された場合、市町村は、次のような内容で避難行動を呼びかけます。

  • 緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。緊急放送、緊急放送、警戒レベル4、避難開始。
  • こちらは、○○市です。
    ○○地区に洪水に関する警戒レベル4、避難勧告を発令しました。
  • ○○川が氾濫するおそれのある水位に到達しました。
  • ○○地区の方は、速やかに全員避難を開始してください。
  • 避難場所への避難が危険な場合は、近くの安全な場所か、屋内の高い所に避難してください。

 警戒レベル3、4が発令された場合、その地域にいる方は、周囲に声を掛け合って、安全・確実に避難してください。
 なお、警戒レベルは、必ずしも1から5の順番で発表されるとは限りません。状況が急変することもあります。市町村から避難情報が発令されていない場合でも、防災気象情報を参考にしながら、適切な避難行動をとりましょう。

 いざというとき、安全に避難行動ができるようにするために、ふだんから自分が住む地域にはどのような災害のリスクがあるか、災害が発生したときの避難場所はどこか、安全な避難経路はどこかなどを、ハザードマップで確認しておきましょう。

 

どの警戒レベルでどう行動すればいいの?

「警戒レベル3」で高齢者等は避難、「警戒レベル4」で全員避難を。

 警戒レベルは、災害発生の危険度が高くなるほど数字が大きくなります。警戒レベルが発表されたとき、それぞれの段階で、住民の方々はどのような行動をとればいいのでしょうか。
 最大のポイントは、「警戒レベル3」が発令されたら、高齢の方や障がいのある方など避難に時間のかかる方やその支援者の方は避難し、それ以外の人は避難の準備をすること。そして、「警戒レベル4」が発令されたら、対象となる地域住民の方々は全員避難することです。
 警戒レベル1から順に住民の方々がとるべき行動をみていきましょう。

  • 警戒レベル1は、災害への心構えを高める
     災害発生の危険性はまだ低い段階ですが、気象庁から警戒レベル1「早期注意情報」が発表された場合には最新の防災気象情報などに留意するなど、災害への心構えを高めてください。
  • 警戒レベル2は、ハザードマップなどで避難行動を確認
     気象庁から警戒レベル2「大雨注意報」や「洪水注意報」が発表され、災害発生に対する注意が高まってきた段階です。ハザードマップで災害の危険性のある区域や避難場所、避難経路、避難のタイミングの再確認など、避難に備え、自らの避難行動を確認しておきましょう。
  • 警戒レベル3は、高齢者や要介護者等が避難
     市町村から警戒レベル3「避難準備・高齢者等避難開始情報」が発令された段階です。避難に時間がかかる高齢の方や障がいのある方、避難を支援する方などは安全な場所へ避難しましょう。また、土砂災害の危険性がある区域や急激な水位上昇のおそれがある河川沿いにお住まいの方も、準備が整い次第、この段階で避難することが強く望まれます。また、それ以外の方もいつでも避難できるように準備をしましょう。
  • 警戒レベル4は、対象地域住民の全員避難
     市町村から警戒レベル4「避難勧告」や「避難指示(緊急)」が発令された段階です。対象地域の方は全員速やかに避難してください。災害が発生するおそれが極めて高い状況等で、指定緊急避難場所への立退き避難はかえって命に危険を及ぼしかねないと判断する場合には、近隣の安全な場所への避難や建物内のより安全な部屋への移動等の緊急避難を行ってください。
     また、避難指示(緊急)は必ずしも発令されるものではなく、地域の状況に応じて、緊急的に、または重ねて避難を促す場合に発令されるものですので、避難勧告が発令され次第避難をしてください。
  • 警戒レベル5は、“命を守るための最善の行動を”
     市町村から警戒レベル5「災害発生情報」が発令された段階です。すでに災害が発生している状況ですので、命を守る最善の行動をとってください。
     警戒レベル5になってからでは、安全な避難が難しい場合があります。地域の皆さんで声を掛け合って、また、空振りをおそれずに、レベル3、レベル4の段階で安全・確実に避難を終えましょう。
 

どこに避難したらいいの?

 発生する災害種別に対して立退き避難が必要な場合には、当該災害に対応した指定緊急避難場所へ避難します。ただし、既に周辺で災害が発生している場合など、立退き避難がかえって命に危険を及ぼしかねないと自ら判断する場合は、「近隣の安全な場所」への避難や、少しでも命が助かる可能性の高い避難行動として、「屋内安全確保」を行います。

  • 「近隣の安全な場所」:指定緊急避難場所ではないが、近隣のより安全な場所・建物等
  • 「屋内安全確保」:その時点に居る建物内において、より安全な部屋等への移動


立退き避難が必要な場合は想定される災害に
対応した指定緊急避難場所へ避難する


指定緊急避難場所への立退き避難が危険な場合は、
近隣の安全な場所や建物のより安全な部屋等へ移動する

日頃からハザードマップで危険箇所や避難場所をチェックしておきましょう

 ハザードマップポータルサイトでは、災害時の避難や、事前の防災対策に役立つ情報を公開しています。身のまわりでどんな災害が起こりえるのか、簡単に確認できます。

こちらのリンクもご覧ください。

 

目次